枚方・交野・寝屋川での遺産相続手続きや相続税申告のことでお悩みなら、相続の専門家にご相談下さい。

成年後見制度とは

成年後見制度とは、判断能力が不十分になった高齢者や知的・精神障害者が、財産侵害を受けたり、虐待等の人間としての尊厳が損なわれたりすることがないよう成年者を保護する制度です。
成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。

法定後見制度

法定後見制度とは、本人の判断能力が不十分になった場合、家庭裁判所が、本人、配偶者、四親等内の親族、市町村長等の申立により、後見人等の決定を行い、本人をサポートする制度です。
法定後見制度は、本人の判断能力に応じて、「後見」「保佐」「補助」の3つの制度を利用できます。

 ◆後見 : 常に判断能力に欠ける状態にある人。判断能力が「非常に」衰えている。
 ◆保佐 : 判断能力が著しく不十分な人。判断能力に「かなり」衰えがある。
 ◆補助 : 判断能力が不十分な人。判断能力に「少し」衰えがある。

任意後見制度とは

任意後見制度とは、本人に十分な判断能力のあるうちに、将来判断能力が低下した場合に備えるための制度です。 あらかじめ自分で選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える「任意後見契約」を公正証書で結んでおきます。



枚方・交野・寝屋川 遺産相続相談センター